AGA治療などの薄毛治療で注目される成長因子(グロースファクター)のNGFとは

薄毛治療の現場で現在主に利用されているのが、フィナステリドやミノキシジルといった治療薬、育毛ローションや育毛シャンプーなどの改善に役立つ製品ですが、これらは優れた機能を持つものの、薄毛の問題を抱える人の体質によって、十分な効果が得られないケースがあるのも事実です。しかし、現在では成長因子(グロースファクター)を用いた治療法が存在しており、従来のやり方よりもより確実性が高い施術として、この治療法を用意している医療機関が、国内でも増えつつある傾向にあります。

 

ひとえに成長因子といってもその種類には様々あり、人の身体を健康体へ導くために、それぞれの成長因子が休むことなく働いていますが、神経に深く関わりを持つのがNGFと呼ばれる神経成長因子であり、NGFとはタンパク質の一種で、細胞損傷時の修復作用を持つことから脳神経の機能回復を促し、アルツハイマー病や痴呆症の予防や治療に効果があると知られ、老化を防止するには大変重要な成長因子として存在します。
また、プロテインキナーゼという物質がありますが、その正体は酵素であり、リン酸基を基質タンパク質やチロシンという物質へ転移させる力を持っており、細胞骨格形成や細胞接着、細胞のサイクルの進行や分化をコントロールしていますが、伝達に不具合があると、がんやアルツハイマー病、糖尿病や脳卒中などの循環器系疾患のリスクが高まってしまいます。
このように、人の身体の中では成長因子や細胞、物質が複雑に絡み合うことで、健康を支えているといえますが、この成長因子が毛髪の疾患ともいえるAGA治療にて貢献してくれることについて、薄毛の悩みを抱えている人が、注目したい点になります。
成長因子を用いた薄毛治療は、グロースファクター再生療法ともいわれており、成長因子が持つ上皮細胞を作り出す力を利用して、毛髪が生える力を人の手によって呼び覚ますことのできる方法であり、この成長因子を発見した博士は発見をきっかけにノーベル賞を受賞したほどの画期的な存在として、世界中に知れ渡っています。
グロースファクター再生療法のやり方として、一つにダーマスタンプを利用して、成長因子のカクテルを注入するやり方が存在しており、ダーマスタンプはとても細い針が複数ついた医療用器具で、通常の注射器を用いるよりも、1回で広範囲にカクテルを注入できるというメリットを持っています。針を使ったやり方ではあるものの、我慢できないほどの痛みを伴うことはなく、利用しやすい施術ではありますが、痛みに敏感な人に対しては麻酔薬を施してくれるため、その点の心配は不要です。
発毛効果に関しては、男性のAGAや女性のFAGA、びまん性脱毛症などに効果を発揮することがわかっており、女性であっても治療を受けられるのが大きなメリットになりますが、料金が普通の治療法に比べて高額になりがちなため、施術を受ける際には医療機関のスタッフと話し合って、治療法を選ぶようにしたいところです。
グロースファクター再生療法と似た治療法として、HARG療法というものがあり、両者の違いはあまりないといえますが、HARG療法を受けるにはHARG認定機関の医療機関でなければ不可能な点が、特徴です。HARG療法では注射器による注入から、電気やレーザーを使って極小の穴を頭皮の部分に開け、そこからカクテルを注入するという高度な施術を受けることができますが、グロースファクター再生療法に比べると費用が高額になることがしばしばあります。

 

成長因子を用いた施術は、毛が成長をするために必要な因子を直接患部に注入するため、治療薬や育毛ローションを塗りつける方法よりも、高度で効果的な薄毛治療ができるのが、最大のメリットです。

AGA治療に有効な成長因子(グロースファクター)EGFとは

進行性の脱毛症であるAGAですが、薬剤による治療効果が現れにくい方や、副作用によって継続して治療ができないという方もいらっしゃいますので、そのような方でも安心して利用できるAGA治療として上皮成長因子であるEGFという物質を利用してAGA治療をするという方法もあります。

 

 

AGAによる脱毛には男性ホルモンが関係しており、男性ホルモンが5αリダクターゼという物質と結びつくことによって脱毛に繋がる物質であるジヒドロテストステロンに変わってしまい、ヘアサイクルが乱れてまだ成長過程にある髪の毛が抜けてしまったり、新しい髪の毛が生えることを妨げたりしてしまいます。

 
そのため、5αリダクターゼの働きを抑制する薬が治療には使われますが、そのような薬剤を用いても効果が現れにくいという方もいらっしゃいますし、副作用によって使用を中止せざるおえないという方もいらっしゃいますので、5αリダクターゼの働きを抑制する薬に変わる治療というものが求められていました。例えば、プロペシアは厚生労働省の許可を受けた薄毛治療薬ですが、誰にでも体質にあって効果があるというわけでもありませんので、副作用に対する警戒についても必要となります。

 
毛髪再生医療の最新治療で活用されているのがヒトオリゴペプチドであり、EGFとも呼ばれていて、EGFとは特に皮膚の表皮層に作用し、成長・再生・修復を飛躍的に活性化させてくれる成分であるため、毛髪再生の分野でも力を発揮してくれます。

 
安全性が高く、効果も期待できる治療がEGFを使った治療であり、EGFとは成長因子(グロースファクター)と呼ばれるもので唾液腺から発見されたもので細胞に指令を与える働きを持っているので、細胞の働きを活性化させて発毛を促すというグロースファクター(成長因子)再生療法に使用されています。

 
この療法では体が本来持っている機能を活性化させることによって発毛効果を得られる点にあり、薬剤を使った治療と違って使用を中止しても症状が再発するといった心配もなく、薬剤に頼らなくても長期間に渡って効果を得られるAGA治療となっています。

 
上皮成長因子(EGF)を使用することで上皮のターンオーバーを促進することができますので、シミやくすみといった肌の悩みを改善したりすることが期待できますが、毛髪の発育や成長に関わる成長因子も存在しますので、AGA治療では毛髪の発育や成長に必要な成長因子を頭皮に直接注入することで毛母細胞を刺激して治療に役立てます。

 
注射を用いて注入するという方法もありますが、注射の場合には痛みが強いため、極小の針を使用した器具を用いて行う方法もあります。 成長因子(グロースファクター)を注入することでDNA合成と細胞増殖を促すことができますが、副作用や拒絶反応といったリスクが非常に少なく、安全性の優れたAGA治療です。成長因子(グロースファクター)EGFを利用した治療法では、使用する器具はもちろん、使用される成長因子についても病院によって違いがあり、医学的に効果が認められている発毛成長因子を複数混ぜ合わせてオリジナルのカクテルにしたものを使用している病院も多くありますので、治療を受けるときには、自分にあった効果的なものを選んで利用するという方法もあります。

 

 

成長因子(グロースファクター)を利用したAGA治療は副作用の心配が少なく、薬剤が体質的に合わないという方でも利用することができる治療法ですが、病院によって用意されている成長因子(グロースファクター)やその注入法に違いがあるため、効果的な治療を受けるためには自分にあった注入方法や成長因子(グロースファクター)で治療を受けられる病院を選ぶことが必要です。”

AGA治療における成長因子(グロースファクター)やVEGFとは

AGA治療においてVEGFとは頭皮の細胞の血管形成を促すことができる糖タンパク質なので、これによって細胞や組織が低酸素状態になることによって新しい血管やリンパ管新生が起こるので、それによって酸素が供給されていきます。

 
血管内皮細胞増殖因子による脈管形成は頭皮に対しては効果的なのですが、ガンなどの治療においてはデメリットが大きいのでこの効果をなくす治療薬が用いられています。成長因子(グロースファクター)というのは細胞分裂を行うタンパク質の一種なので、この成長因子を増やすことによって新陳代謝がアップして発毛効果を促すことができるので、この成長因子(グロースファクター)を育毛剤に応用することで育毛や発毛を促進する製品を作ることができます。

 
マクロファージの活性化は免疫細胞を活性化させることで頭皮のトラブルを減らして、健康な髪の毛を増やすことができるので、育毛や発毛をするためには必要な技術となっていますが、マウス腹水などを使用することで研究が行われて免疫細胞に関する技術が高められています。発毛技術は新しい物が次々に開発されているので、口コミやネット情報だけでなく美容外科などを受診することでこれらの技術を利用することができます。

 

 

AGA治療におけるVEGFとは血管内皮細胞増殖因子のことで脈管形成を促すことの出来る糖タンパクで、薄毛を治療するために頭皮の毛細血管を新しく増やすことが効果的なので、この仕組を利用することで、発毛効果を確実にすることが出来るとされているのですが、病気によっては悪影響をおよぼすこともあるので様々な利用方法が模索されています。

 
薄毛の一番の原因とされているのは毛根部分の細胞に栄養素が行き渡らないことなので、新しい血管が増えることによって栄養素が毛根までしっかり届くようになるので、太くて健康な髪の毛を増やすことができるようになります。成長因子(グロースファクター)は基本的にはマクロファージの活性化に関係していて、頭皮の細胞を増やすことによって細胞が全く無くなってしまった部分からの発毛を促すことが可能になります。

 
この成長因子が不足することで毛母細胞の細胞分裂が停止したり、成長スピードが遅くなるので脱毛に発毛が追いつかなくなって薄毛が進行してしまいます。この成長因子(グロースファクター)が減少することは体全体にも悪い影響がありますが、とくに頭皮の場合には髪の毛が細くなってしまったり、発毛しなくなるなどのデメリットがあるので注意が必要です。

 

 

薄毛対策の基本は抜け毛を減らすことと生えている髪の毛の寿命を延ばすということで、毛髪の寿命がのびることで、髪の毛の本数が確保されるので、薄毛の状態になることが阻止されるので、まず最初に健康な頭皮と毛髪を作ることが重要となります。VEGFや成長因子を使った治療法を行うことによって頭髪再生をすることが可能になるので男性型脱毛症などの薄毛治療に関しては非常に効果的であるとされていて、現在でも一部の育毛剤などでこの作用が応用されて、高い評価を得ています。

 
薄毛対策としては一般的にはマッサージや育毛剤、内服薬などが使用されることが多いのですが、基本になるのは睡眠時間やストレス管理、食事などで、これらの基本がしっかりとできていないと薄毛の進行を遅らせたとしても再度薄毛になる可能性が高くなるので、AGA治療をする場合には専門医に相談するなどして、生活改善や食事内容に関するアドバイスをしてもらうことも有効で、生活改善と新しい技術による発毛促進を組み合わせることで遺伝的な要因のある人でも男性型脱毛症を克服することができるようになります。”

AGA治療に於ける成長因子(グロースファクター)の役割、IGF-Iとは

人成長ホルモンは細胞や皮膚、骨、筋肉等人体の殆ど全ての成長と代謝に作用して機能を調節する役目をつかさどり、生きていく上で必要不可欠なホルモンですが、思春期をピークに20代後半から急激に減少する事が知られています。老化現象の主原因の一つとされていますが、近年の研究では減少して行く成長ホルモンを活性化する物資があることが分かってきました。これを成長因子(グロースファクター)、或は増殖因子や細胞増殖因子と呼んでおり、関連類似因子を含めて十数種類の内因性物質の存在も判明しています。

 

 

各成長因子の働きは身体の部位の細胞の種類により異なっており、総じて特定の細胞の増殖や分化、所謂細胞成長を促進する内因性の蛋白質であると定義づけられ、これら成長因子の幾つかは育毛や発毛に効果があるとされており、特にIGF-Iはイソフラボンとカプサイシンとの組み合わせでより活性化され、これらと併せてIGF-Iを使用することで育毛や発毛促進を促すAGA治療が俄に注目を浴びています。

 

 

IGF-Iとは日本語ではインスリン様成長因子の一種で、他にIGF-IIがありますが、共にインスリンと配列が高度に類似したポリペプチドであるところからこう名づけられ、IGF-IIは初期の発生、つまり主に胎児期に要求される成長因子であり、脳・すい臓・筋肉・腎臓から分泌されています。又、IGF-I後の段階、つまり胎児期後の発達清長期に於いて重要な働きを担い、肝臓で成長ホルモンによる刺激の結果分泌されます。AGA治療においてはIGF-Iの細胞の加齢抑制効果に着目し応用しようとしたものであり、日本の研究者がイソフラボンとカプサイシンの知覚神経刺激効果によりIGF-Iを増加させ、結果として育毛や発毛に効果をもたらす事に成功した事で実用化に動き出しています。

 

 

IGF-I自体には発毛効果はありませんが、その働きは老化の抑制と細胞の成長を助けるものであり、もともと体内に存在するIGF-Iを増殖させる事ができれば、他の薬剤で薄毛の進行を抑制し、発毛効果のある薬剤で発毛を促しより丈夫な毛髪発生効果が期待できるのがAGA治療法と言え、更に当該治療法には普段の食事や生活習慣の改善と習慣化も重要な位置を占めると言われています。大豆・豆腐・玄米・鮭・海藻類・緑茶・卵黄等の和食をバランスよく摂取することで、つやのある毛髪と健康な頭皮の維持に努め、飲酒を控える事でIGF-I分泌をつかさどる肝臓の健康状態を維持する必要が訴えられ、喫煙はストレスをため細胞を傷つけると指摘されており控えるべきとされています。その他規則正しい生活、食べ過ぎや早食い、塩分や糖分の摂取過多、適度な運動、冷え、適度な日光浴等に注意することも重要視されています。

 

 

従来の治療法と比較すると画期的とも言えるIGF-Iを使ったAGA治療法ですが、実用化されてまだ間もない事も事実であり、IGA-Iについてもまだ良く分かっておらず、IGFは確かに体内に存在する成長因子ではありますが、治療に使用されるIGFが人由来であるのかどうか、人や他の動物の如何に関わらず長期間に亘っての投与が人体にどのような影響を及ぼすのか、長期間の投与がIGF受容体にどのような影響を及ぼすのか等解決すべき課題は重要な点が多く、それだけに今後の研究への期待は高まるばかりです。加えてIGFを使用した治療を含むAGA治療全般は自由診療領域となり、治療費は高額であり全て自己責任となります。何れにしてもIGF-Iを使用したAGA治療は発展途上の治療法であり、当該治療を望まれる方はその点十分に理解した上で加療を受ける必要があります。

AGA治療の鍵を握る成長因子(グロースファクター)や増殖因子ともいわれるTGF-βとは

人という生物は自然環境の中で作られたものですが、その構造は複雑で、非常に繊細な細胞の働きにより、生かされており、また病気を発症する原因にも繋がっているという運命を背負っていますが、その細胞増殖や細胞分化を司るのが、成長因子(グロースファクター)、もしくは増殖因子と呼ばれるものです。

成長因子もしくは増殖因子には、トランスフォーミング増殖因子というものが存在しており、組織発生や細胞分化、胚発育などに関連する、人が生きるのに大切な機能を持つ物質として知られていますが、このトランスフォーミング増殖因子にはアルファ型のTGF-αと、ベータ型のTGF-βがあります。
TGF-αは、人が持つがん細胞の中に過剰発現することがわかっているもので、脳細胞やケラチノサイト、マクロファージにて生産されており、表皮や管腔臓器の粘膜である上皮細胞を作り出すもとになります。
TGF-βとは、肝臓や骨髄といった人の身体にあるほぼすべての細胞で生産されるもので、β1からβ5までの種類が存在しますが、骨芽細胞の増殖、コラーゲンの合成や増殖する機能を持つ一方で、上皮細胞や破骨細胞に関しては抑制的であるのが特徴で、別に骨形成タンパク質が含まれるスーパーファミリーという種類も存在します。
一見すると細胞の増殖に貢献することから、人の身体によい物質であるようなイメージがありますが、TGF-βに関してはAGA治療の現場では、薄毛や抜け毛を発生させる物質として、嫌悪されているものであり、その理由としてヘアサイクルに異常をきたす原因になることが指摘されています。
AGAの原因として、男性ホルモンの過剰分泌が影響するとされていますが、男性ホルモンのすべてが悪いのではなく、5αリダクターゼという物質が、一部の男性ホルモンと結びつくことで、DHTと呼ばれるジヒドロテストステロンを発生させてしまうのが問題であり、このDHTの発生によって毛髪を退行期へと誘導するTGF-βを生み出すのが、厄介なところです。
退行期というのはヘアサイクルで毛が抜け落ちる準備段階から実際に抜け落ちる時期のことを指し、退行期の後に休止期、その後に活発に毛が成長する成長期が訪れる仕組みで、これを何度も繰り返して毛髪が維持されていますが、TGF-βの働きが強いと、成長期の期間が短くなってしまい、退行期へと導かれ、すぐに力なく毛髪が抜け落ちてしまい、薄毛の目立ちやすい状態が繰り返されてしまいます。
これがAGAの特徴ですが、別の見方をすると毛髪が完全に生えないわけではないため、TGF-βの生産を抑えればヘアサイクルが正常になり、発毛効果が期待できるようになるともいえることから、AGA治療ではTGF-βの生産を促すDHTの発生源、5αリダクターゼを抑制する成分を使った改善法がよく行われています。
医療現場で用いられているのが、フィナステリドという成分で、この成分を体内に取り込むことによって、5αリダクターゼの抑制効果を得られるようになっていますが、医療用医薬品であり医師の処方箋が必要で、また保険適用外なため、薬代が高額になりがちなのがネックです。
しかし、フィナステリドの発毛効果には及ばないものの、同じように5αリダクターゼの抑制効果を持つ天然成分としてノコギリヤシと呼ばれる成分があり、これなら市販のサプリメントとして摂取することができます。

AGAは市販の育毛剤では改善が難しいとされるのは、成長因子や増殖因子が複雑に絡み合うことで、症状を発生させるのが原因だといえます。
フィナステリドを処方してくれる医療機関での治療が最も有効ですが、症状がさほどひどくなければ、ノコギリヤシを使った対策に頼ってみてもよいでしょう。

AGA治療においてカギとなる成長因子(グロースファクター)PDGFとは?

男性型脱毛症であるAGA治療において、早期治療がポイントとされていますが、その他に治療法も重要なキーポイントとされ、そのAGAの治療法には様々な方法がありますが、その中で注目されている方法が「成長因子(グロースファクター)再生療法」と呼ばれる治療法です。このグロースファクター再生療法とは、一体どのような方法なのでしょうか?

AGAの治療において早めの処置が重要とされている理由に、髪の毛の成長サイクルが関係しており、成長サイクルは毛周期とも呼ばれ、成長期・退行期・休止期が繰り返し起こって髪の毛が成長をしていきます。
この髪を造り出しているのが「毛母細胞」と呼ばれる部分で、他の細胞と同様に寿命があり細胞分裂が可能な回数は、個人差もありますが約4回~50回と言われ、また毛周期では、正常にサイクルが働いている場合には1周期が約2年~6年と言われており、通常の毛母細胞ならばその寿命は短くても80年程度はあるとされています。
ところが、AGAの場合はこの毛母細胞が正常に働かなくなるため寿命が短くなり周期も半減してしまい、これが原因で脱毛が生じるとされており、そのために毛周期を正常周期に戻すことが重要となるのです。
まず、毛母細胞の寿命を延ばすためにはカギとなるのが「PDGF」であり、このPDGFとは、「血小板由来成長因子」を英語表記した際の頭文字を取ったもので、主に間葉系細胞である線維芽細胞・平滑筋細胞・グリア細胞などの、移動や増殖において直接的に働きかける増殖因子のことを指します。
この成長因子は、20世紀初頭に血清中に存在する成分が細胞増殖活性の特徴を持っていると考えられ、研究が始められ、その後、血清中に独立して細胞増殖に関与する成分が存在していることが分かり、これが大きな細胞増殖活性をもたらしていると考えられました。
そしてついに1974年、血清中に存在する物質が血管平滑筋の増殖を促す作用が認められ、この物質を「血小板由来成長因子(PDGF)」と名付けたのです。
PDGFは、細胞の移動や形質転換などを起こして、胎児の成長や血管新生にも関与されていると考えられており、また線維芽細胞や血管においては、炎症や創傷治癒の過程でPDGFが上昇することが報告されています。

PDGFを採用した「グロースファクター再生療法」は、AGA治療において最強の選択肢とも言われており、その発毛効果は、抜け毛の減少や現状維持も含めて97%の患者に治療効果が認められていて、その中で約64%の患者に発毛効果が認められ、患者自身もそれを実感しています。
あるクリニックで治療を受けた30代男性患者のケースでは、グロースファクター再生療法を開始して約3か月で、発毛効果が顕著に見られるようになり、治療前はM字に地肌が見えていたのに対し、治療開始3カ月後にはその部分は発毛し、地肌が隠れるくらいにまで効果がみられています。
この治療法はAGAばかりでなく、女性の薄毛にも効果的であることが分かっており、20代女性の治療結果では、頭頂部が地肌が広範囲で見えるほどの薄毛であったのが、この治療法を開始して約5か月後には、かなりの毛量が増加して薄毛も目立たなくなり、正常な毛量にまで回復していました。
グロースファクター再生療法の最大の魅力は、薄毛の大きな要因とされている「成長因子の不足」に着目しているところであり、この世界でも最先端を行く再生医療技術を上手く利用した毛髪再生治療方法であって、この治療法で成長因子を頭皮に補い、毛髪の成長サイクル(毛周期)を正常に戻すことによって、年齢や性別を問わず様々な薄毛の原因にも対応することが可能となり、優れた発毛効果を発揮するのです。

AGA治療に用いられる成長因子(グロースファクター)のひとつ、bFGFとは

男性型脱毛症の主要な原因は男性ホルモンから作られる脱毛物質とされていますが、ほかにもストレス・偏食・喫煙などの影響が重なって、毛髪を伸ばす成長期の毛根が少なく、休止期の毛根が多くなっているという事実があり、したがって脱毛物質をカットするだけでなく、ヘアサイクルを整え成長期の毛根を増やしていくことが、積極的に毛髪を増やしていく手段と言えるでしょう。AGA治療の方法としてクリニックなどでも用いられる育毛メソセラピーは、成長の止まった毛根を活性化させ再び成長期へ戻すことを目的として、成長因子(グロースファクター)を頭皮に与えてやる治療法で、具体的には多くの種類の発毛剤を配合した薬液を、細い注射針で頭皮に直接注入する方法が主流になっています。発毛剤の中身には、細胞の成長を促すペプチドとしてインスリン様成長因子、血管内皮成長因子、繊維芽細胞増殖因子のほか、育毛効果が期待される栄養成分として、ヒアルロン酸や各種ビタミン群やアミノ酸類などを含んでいますが、これらのうち強力な血管新生作用を発揮するとされているのが、塩基性繊維芽細胞増殖因子、すなわちbFGFです。

bFGFとはもともと人体の中に存在する血管新生因子で、私達がケガをしたときには、まず血小板が傷口に集まって血を止め、白血球が侵入した細菌などを退治しますが、その後で傷ついた皮膚を修復するために放出され、線維芽細胞という組織を刺激して、肉芽の形成を促す作用を持っています。肉芽は活発に増殖する若い細胞の集まりで、部分的に赤く盛り上がったようになりますが、これが新しい皮膚や血管を形成し、やがてコラーゲンなどに変化して元通りの肌に戻ります。bFGFは遺伝子組み換え技術によって人工的に生産され、傷を早く治す薬の成分として用いられており、そのうち薬事の承認を受けた製品にフィブラストスプレーがありますが、これは粉末状の薬剤を水に溶かして患部にスプレーするもので、火傷や褥瘡には非常に有効とされています。bFGFの強い肉芽形成効果を応用して、シワやたるみの除去のために美容外科で注射薬として使用されることもありますが、薬事法で承認されているのは外用薬のみであるため、安易な利用には注意しなければなりません。bFGFは医薬品として登録されているので化粧品に使うことはできず、クリニックでのみ処方できる成分ですが、その発毛効果は強力な動脈形成作用に由来するもので、そもそも毛根は頭皮の毛細血管から栄養や酸素の供給を受けて髪を成長させるわけですから、血管が増えれば髪の成長力も高まることになり、薄毛の改善に有効であると考えられます。

同じような効果を持つペプチドには、FGFファミリーと呼ばれる23種類の物質がありますが、bFGFはその中でも動脈をはじめ骨や神経を再生させる作用があって、能力的にも高いことで知られており、単独でも効果を発揮するだけでなく、人間の体内に元から存在するものですから、副作用の心配も比較的少ないと考えられます。育毛クリニックではbFGFのほか、毛根を刺激し発毛を促す各種の成長因子(グロースファクター)を混合して用いるのが一般的で、血行を促進するとともに頭皮の健康を保ち、ヘアサイクルを正常に戻していくことで、脱毛を予防し発毛を促進します。AGAの内服薬に比べると、注射という手段を取るため危険と思われがちですが、内服薬が全身に影響を及ぼすのに対して、育毛メソセラピーでは頭皮のみに薬剤が注入されるため、かえって安全性は高いと考えることができ、また他の育毛剤や投薬治療と並行して実施すれば、発毛効果はさらに高くなるとも言われています。

成長因子(グロースファクター)を使ったAGA治療におけるHGFとは

年をとると、特に男性の場合で薄毛が目立ってくる人が多く見かけられますが、まだ10代20代という若さにもかかわらず、毛髪の薄い人も割とおり、これには皮膚の疾患や、過剰なストレスが原因であったりする他に、薄毛が進行してしまう、AGAの症状があらわれている可能性があり、これ以上の症状の悪化を食い止めるためにも、専門の医療機関で検査を受け、治療を開始するのが有効です。

毛髪の構造として、頭皮の奥に埋もれている、毛包という部分の先にある毛球の毛母細胞や毛乳頭によって成長を繰り返しており、毛母細胞が毛細血管から栄養素を蓄えて増殖や分化を行い、毛乳頭が毛母細胞の働きを操作しています。
成長と脱毛を繰り返しながら毛髪は生き続けますが、この繰り返しのことをヘアサイクルといわれており、AGAの症状を持つ人は、毛母細胞や毛乳頭の働きが弱り、自然なヘアサイクルに乱れが生じることで、薄毛や抜け毛の症状が強く出ている状態にあります。
AGA治療において、毛髪の自然なヘアサイクルを取り戻すために、成長因子(グロースファクター)を注入する方法が利用されており、この方法のことをHARG療法と呼んでいますが、このHARG療法には肝細胞増殖因子のAAPEの中に含まれる、いくつかの種類の成長因子(グロースファクター)を使い、HGFという毛母細胞の増殖を促すことが、AGA治療で有効に作用するようになります。
HGFとは、毛髪のヘアサイクルにおける、成長期を維持する際に働く毛母細胞で、生体細胞成長因子とも呼ばれるもので、肝臓の再生に作用する成長因子として、日本で発見されたものであり、血管新生の自然治癒力を持っていることから、循環器系疾患の治療にも多く使われるようになった経緯を持ちます。
また、ヘテロ二量体のPDGF-ABというタンパク質の一種がありますが、これは分裂促進因子であり、毛母細胞そのものを指すサイトカインの刺激を受けて、活性化することがわかっており、そもそも毛髪はタンパク質でできていることから、これらの物質が発毛効果や育毛効果に大きく貢献するため、HARG療法がAGA治療で広く使われるようになりました。
成長因子を毛母細胞や毛乳頭に届けるには、注射器やレーザー、電気の力を用いて注入する方法がよく利用されていますが、最も一般的な注射器による治療法は、痛みを伴いやすいという欠点を持っていますが、レーザーや電気を利用すれば、極小の穴を頭皮にあけるだけですみますので、痛みがほとんど感じられることなく、傷跡の心配もいりませんから、快適に施術を受けたいのなら、レーザーや電気による治療法に頼りたいところです。
ただし、HARG療法は非常に高度な技術を要する施術であるため、設備が整っており、高い技術を持つ医師が存在する医療機関でなければ、治療を受けられないばかりか、治療費が高額になるという欠点を持っていますので、治療費をすぐに用意できない場合には、医療ローンなどの分割払いを用意している医療機関を選択すると、無理なくAGA治療を受けられるようになります。

成長因子を用いた治療は、従来の内服薬や外用薬に頼った治療法に比べて、毛髪の成長のもとになる部分に直接作用するやり方ですから、より高い効果が出る可能性を秘めています。しかし、従来の内服薬や外用薬による治療法であっても、十分な発毛実感を得られる人もいますので、まずは治療費が安く済む、従来の方法から実践するのがおすすめです。
従来の方法を長く試しても、効果が実感できなかった時に、成長因子を用いたHARG療法について、医師のアドバイスを受けながら、利用の検討をするのがよいでしょう。

AGA治療の中で発毛効果のある成長因子(グロースファクター)FGFとは何か

AGA(エージーエー)は、男性型脱毛症のことであり、男性ホルモンと深い関係を持つ進行性タイプの脱毛で、そのAGA治療に効果的と言われるFGFとは、1973年に下垂体抽出物中に見つかった線維芽細胞増殖因子のことを意味する生体内の物質、成長因子(グロースファクター)の1種で細胞増殖や毛母細胞の活性を促します。
また、毛髪の生育時に必要な細胞分裂促進因子として働き、多機能性タンパク質を生成することからさまざまな効果を示しますが、その際に細胞と細胞の情報伝達機能であるシグナリング分子が他の細胞に増殖や分化を活躍にさせる重要な作用をもたらします。
男性ホルモンの影響でヘアサイクルが正常でないため、薄毛の症状である髪の毛の細さや毛量が少ない状態を改善する FGFの種類や役割を知り、自分に合った発毛効果のあるAGA治療を見つけなければ、発毛・育毛効果や薄毛対策の活用に至らないと言えます。
思春期を過ぎた頃から中年期に多く見られるAGAは、気になりつつも放っておくと、どんどんと症状が進むため早い段階から対処することが、その先の頭髪の状態を変えて行くカギとなることを念頭に置いて取り組み始めることが大切です。

FGFには23種類あり、AGA治療に重要な働きをするのが、FGF1・FGF2・FGF7・FGF10の成長因子とされ、特にFGF7は発毛促進因子とも呼ばれる毛母細胞増殖因子で、発毛に大きな効果があると言われ、毛根部分に存在し毛乳頭細胞から生成されて毛母細胞の増殖や分化の活性化をさせ発毛・増毛効果を促し、FGF10もまた同じような役割を持ちます。
そしてFGF1とFGF2は、血管新生作用を促進し、組織などによる導きで新しい血管が形成されて、頭皮の毛細血管を増やす働きが高く、血行促進により細胞分裂の活発化など、この4種類が特にヘアサイクルの成長期を長くし、発毛や太い髪を作る成長因子であり、これに似た天然植物エキスにビワエキス・センブリエキスなどがあります。
反対にFGF5は脱毛遺伝子で、ヘアサイクルを乱し抜け毛を進行させてしまうため、成長期から休止期への移行を遅らせる抑制活動が必要となりますが、ビワの葉エキスにはFGF7の促進とFGF5を抑制する効果があると言われています。
AGAの症状を大きく分けると、生え際から進行するパターン(M字型)・頭頂部から脱毛するパターン(O字型)・両方を含んだ混合パターン(C・U字型)になります。
AGA治療法には、M字型のタイプは剃り込み部分の血管が少ないことから血行促進を必要とし、O字型は頭頂部の血行不良が要因な点から同じく血行促進、改善にFGF7・FGF10が役割を持ち、C・U字型は再生因子を頭皮に補給するなどタイプによって異なることから、AGA専門の医療機関でのFGF配合の治療や自分のタイプを把握した上で発毛に必要なFGF配合の育毛剤を使用する方法もあることを把握し、まずは遺伝性の確認やどのタイプに当てはまるのかを調べ、成長因子での治療を取り入れると、育毛や発毛に変化や効果の実感が出てくるのではないでしょうか。

AGAは主に遺伝性が強いと言われていますが、皆が遺伝でAGAになるとは限らず可能性が高いということ、それ以外に飲酒・喫煙・食事の栄養の偏り・ストレスなど頭皮に悪影響を与える日常生活もAGAを招く要因になると意識することが大事です。
また、自分の頭髪が心配な人は、早期に改善・治療を考えることが進行を遅らせる手段であり、その他に生活習慣に気をつけることも大きな予防法で、食生活では毛髪の成長にタンパク質やミネラルなどの摂取、飲酒喫煙を控えるなどしましょう。
頭皮や毛根にダメージの強いストレスやシャンプー法、紫外線にも注意をしながらAGA治療に取り組むとFGF使用との相乗効果があると言えるでしょう。
AGA治療に効果的なFGFとは、頭髪再生医療、FGF7を配合した育毛剤などがあり、頭皮や毛根の成長促進により毛髪のヘアサイクルを戻していく力強いサポート成長因子と言えます。

再生医療技術を応用した成長因子(グロースファクター)によるAGA治療

現在ではAGA治療の方法にも選択肢は多数あり、男性ホルモンに由来する脱毛原因物質を阻害する内服薬や、頭皮の血行を促進する外用薬などは特に有望とされていますが、男性機能を低下させる恐れがあるなど副作用の可能性を完全には否定できず、また脱毛予防の効果はあっても積極的に発毛を促すものではないため、毛髪が大幅に増えることは期待できません。また各種の植毛技術も進歩しており、自毛植毛は日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨されていますが、自分の髪の毛を移植するだけなので、頭髪全体の本数が増えるわけではなく、さらに傷跡が残る可能性や手術に伴うリスクが存在するため、誰にでも勧められる方法とは言えないのが現状です。これらの方法とは異なる発想で、髪の本数自体を増やすことを目標に開発されたのがHARG療法であり、育毛剤を頭髪に注入するという点では従来の育毛メソセラピーと同じですが、近年研究が進められている再生医療技術を取り入れた点が大きな特徴となっていて、AGAだけでなく加齢に伴う脱毛や女性の薄毛などにも効果があるとされています。

再生医療技術としてよく知られているのがES細胞やIPS細胞ですが、このうちES細胞は胚性幹細胞と訳され、動物の最初の発生段階である胚から取り出された細胞で、あらゆる臓器に分化できる万能性を持っている反面、作るのに受精卵が必要なので生命倫理の観点から問題があるとされ、代わりに大人の細胞から作られるIPS細胞の研究が始まりました。ES細胞もIPS細胞も、いろいろな組織に分化できる幹細胞である点では同じですが、人間の体内には他にも脂肪幹細胞や毛母幹細胞などの幹細胞があって、新しい毛が太く長く伸びていくのは毛母幹細胞の働きであり、これを活性化させることで薄毛を予防し発毛を促進できると考えられます。このようなAGA幹細胞再生治療のひとつとして、本人の脂肪組織から脂肪幹細胞を採取し、頭皮に埋め込むという手術も行なわれており、高い発毛効果を期待されていますが、腹部や臀部から脂肪を吸引する手術が必要になるというデメリットもあって、施術しているクリニックは限られています。HARG療法は本人の脂肪幹細胞ではなく、幹細胞から抽出したタンパク質を頭皮に注入するのが特徴で、その中には毛母細胞を増加させるKGF、頭皮の毛細血管をつくるVEGF、成長期の毛根を維持するPDGFなど数種類の成長因子(グロースファクター)が含まれており、それ自体に効き目があるだけでなく、注入された頭皮の毛母幹細胞を刺激して、二重の効果を発揮すると考えられます。そのほかHARG療法で使用されるHARGカクテルには、一般的な育毛メソセラピーで用いられる血管拡張成分やビタミンB群、ビタミンHなど各種栄養成分が含まれ、毛母細胞の活性化を助けて髪の成長を促すほか、脱毛の原因となるタンパク質の生成を阻害する成分も含まれており、これらが総合的に作用して薄毛を改善していきます。

男性型脱毛症には有効な治療薬が開発されているものの、薬の飲み合わせや副作用の関係で使用できない人が存在しますし、女性の薄毛には利用できない等のデメリットがあり、これまでは植毛やカツラで対応するしかなかったケースに、HARG療法は治療の道筋を開いたと言えるでしょう。HARGカクテルを頭皮に注入するだけなので手術の必要がなく、体の負担が少なくて済むことや、副作用やアレルギーの心配がほとんどないこと、ワンクールを8回程度として半年から1年ほどの治療を終了すれば、その後は定期的に通院しなくてもよいこと等も、HARG療法のメリットとして挙げることができます。